Top > 出来事 > 自己処理にかかる時間と手間とその結果

自己処理にかかる時間と手間とその結果

毛抜きを利用して自己処理をしていたのですが、一本一本抜くたびにチクッとした痛みが走ることもあり、毛穴の広がりや赤みが出てしまったことと、抜いても抜いてもまたすぐに別の毛穴から新しい毛が生えてきて、夏場は毎日のように処理をしなくてはいけなくて、疲れてしまった。ずっと片腕を上げながら処理をするので、肩凝りにもなるし、自己処理をすると埋没毛などもでてくるので、わきの下の無駄毛はなくなっても、決して「きれいなわきの下」にはならず腕をあげることが恥ずかしかった。 脚やせエステ錦糸町

出来事

関連エントリー