Top > 日記 > 日本の年末、対照的なネット中継

日本の年末、対照的なネット中継

独り者の年末でもあり、正月飾りを終えて一息ついてネットを見ていると、石垣島近くの星の砂で知られる竹富島からインターネットの生放送をしていました。
さすがに南方の島であることもあってか、晴れれば気温は21度と本土の4月頃の暖かさといったといいます。

又、人気の島であることもあってか、他の島への船の人数はそれほどでもないという中、船中はたった人がいたと言うほどの人気の島のようです。
その話しを裏付けるように、浜辺からの中継も家族連れやカップルが歩いており、こちらは帰省というより観光客たちなのでしょう。

その一方で、真冬の富士山からの中継というものもあって、富士山は風が非常に強く登頂を諦めたといことです。
又、年末年始は天気はあまり良くないだろうとい話しがあり、更に、3000mで-25度の予想となると、とてもじゃないですが冬山をやろうという気は置きません。

それでも、山登りをしていた者としては冬山での事故がなければ良いと思わされますが、すでに富士で滑落事故や救助が行われているそうです。
年末にゆくとすればやはり南の島でしょうが、年末の民族大移動の人混みの中を出てゆく気はありません。

同じ日本でありながら対照的な画面となっており、小さな国だと思っていましたが、改めて日本の自然の幅の広さを教えられます。

http://mbnorge.info/

日記

関連エントリー