Top > 中学受験では入試結果に拘らない

中学受験では入試結果に拘らない


中学受験に関しては、入試結果に拘らないことが大切です。仮に受験に失敗したとしても公立中学には入学できるので、それほど問題はありません。さらに、高校受験や大学受験でリベンジをすることもできるので、合格できなかったことを悲観する必要はないのです。

もちろん、中学受験に成功したほうがいいですが、中学受験に成功しても大学受験で失敗する人も多く、必ずしも良い結果が待っているとは限りません。長い目で見れば、中学受験は初期段階の通過点に過ぎず、人生にとって、それほど重要なものではないのです。

重いプレッシャーをかければ、小学生である受験生にはストレスが高すぎます。さらに、精神的にもまだまだ未熟であるために、中学受験での失敗を機に非行に走ったり、勉強しなくなってしまう可能性もあります。あくまでも、楽しい範囲で挑戦し、入試結果に深刻になりすぎないことがとても大切です。それすれば、仮に失敗しても、次のチャンスにその失敗が活かされ、決して無駄にはならないことでしょう。
中学受験についてはこちら→http://www.qazvin-eng.com/を参考にしました。

関連エントリー