Top > 教養 > 英語や英会話は多くの企業や職業で必要な時代です

英語や英会話は多くの企業や職業で必要な時代です

英語や英会話の必要性を、あなたはどのように考えていますか。昔なら、

文系でメーカーの輸出担当や商社勤務以外は余り、仕事では必要がないと

思われていた英語や英会話は、今や多くの企業で必要な時代です。

輸出をしたり、海外生産をしている企業では、大企業から中小企業まで、

技術PRや技術指導、製造指導など様々な形で、技術者や現場の生産担当者まで、

英語や英会話が必要な時代です。

また、デパートやスーパーなどの小売業でも、海外からの仕入れも増大し、

バイヤーも英語や英会話が必要な時代なのです。

街の商店街でお店を営む人でも、海外からの観光客が増えている現在、

英語でお客さんを迎えるのも、かっこ良いものです。

日本では、英語の基礎教育がしっかりなされているため、後一歩のヒヤリングと

会話の訓練で、一気に英語や英会話が身につく素地があります。

学校教育の英語を毛嫌いせずに、また学校を卒業すれば、そこからでも会話の

訓練を毎日欠かさず実践すれば、身につきます。

英会話スクールで強制的に学ぶのも手ですが、時間やお金がない方でも、

テレビ英会話講座などを利用して英語耳、英語脳を鍛えれば進歩する事でしょう。

語学の訓練は、下りのエスかレターを昇る事によく例えられます。じっとして居れ

 

ば、

レベルは下がります。ある一定量以上の訓練をすれば、下りエスカレーターを

駆け上り、マスターすることが必ずできるものです。頑張りましょう!

Vi&Da

教養

関連エントリー